プラチナの結婚指輪の選び方

プラチナの結婚指輪選びは難しい

プラチナの結婚指輪は、国内外問わず数多のブランドで扱っています。結婚指輪を手掛けている店であれば、必ず1つはプラチナの結婚指輪の取り扱いはあるでしょう。しかし数があまりにも多いため、どの指輪を選べば良いのか分からなくなっていないでしょうか。
結論を先に述べると「夫婦の好みに合った指輪を選べば良い」になります。そもそも結婚指輪は、夫婦だけの指輪です。他人の指輪ではないので、夫婦の好みに合った指輪を選ぶのが大正解なのです。
続きを読む →

結婚指輪に傷がついてしまったら?

結婚指輪の傷は心の傷!でも避けられない

折角の結婚指輪に傷がついてしまったら、いい気分はしないものです。少しぐらいの傷であれば、着用には何の問題もございません。とはいえ、2人の絆を示すアイテムに、かわりはありません。
ただどんなに大切に指輪を扱っていたとしても、傷だけはどうしても避けられないのです。結婚指輪の素材に使われているプラチナは、一応「傷がつきにくい素材」として知られています。でも「絶対に傷がつかない素材」ではないのです。
続きを読む →

長く使える結婚指輪を探している人へ

お爺ちゃん・お婆ちゃんになっても

お爺ちゃん・お婆ちゃんになっても、結婚指輪は肌身離さず持っておきたい。2人の絆は、たとえ悪魔が間に入っても絶対に揺るぎません。すごく素敵な思いです。何十年も指輪を使い続けて、大切にして欲しい。だからこそ敢えて、幅広の結婚指輪をオススメします。
幅広の結婚指輪を簡単に説明すると、カジュアルとポップ。存在感も際立つので、似合わない人は似合わないと思われるかもしれません。大きな間違いであり、全力をもって否定させて頂きます。
続きを読む →

物価高でも手にしたい結婚指輪

物価高の影響は結婚指輪にも…

物価高が叫ばれている昨今ですが、結婚指輪も例外ではありません。事実多くのブランドが価格改定をすすめており、結婚指輪の値段は一昔前と比べると上がっています。1円でも安い値段で結婚指輪を入手したいと思うものの、物が物だけに妥協も避けたいもの。
でも手作りの結婚指輪なら、物価高もなんのその。使用素材とデザインは制限されますが、1つ3万円に抑えることも可能。2つ合わせても6万円で済みます。
続きを読む →

つやを消して輝きをプラスする

指輪は奇跡の象徴だからこそ

プラチナの結婚指輪が光り輝いているのは、素材の特性と夫婦の愛によるもの。光り輝く結婚指輪は何よりも美しく、尊いものです。でも夫婦には夫婦独特の輝きがございます。夫婦完全オリジナルの結婚指輪を手にすれば、2人の愛は絶対的なものになるでしょう。
2人が出会い結婚を誓い合うのは、神様からもたらされた奇跡。結婚指輪は、神様からの祝福。神様からの祝福の形は、夫婦によって大きく変わります。どこにでもあるような普通の結婚指輪ではなく、夫婦でしか手に入らない特別な結婚指輪を。
続きを読む →

エタニティの魅力!

ダイヤモンドは永遠の証

結婚指輪にダイヤモンドが使われるのは、永遠を象徴しているからです。ダイヤモンドは地球上最も硬い鉱物として知られ、どんな障害もはねのけるパワーがあります。エタニティは、ダイヤモンドが途切れなく並んでいる指輪のことです。
ただ問題は、シルエットがよく似ている点にあります。ダイヤモンドが連なっている指輪ばかりで、具体的に何がどう変わるのか判別つきません。でもエタニティにも色々種類があるのは、まごうことなき事実です。

続きを読む →

結婚指輪の厚み!何ミリがおすすめ?

着け心地を左右する厚み

結婚指輪を選ぶ際に、最も重視して頂きたいのは着け心地です。毎日のように指輪をはめるので、着け心地だけは絶対に避けては通れません。指輪を着け慣れているのならばまだしも、着け慣れていない人にとっては死活問題と言えるでしょう。
正直、結婚指輪の着け心地がどうかは、試着してみないと分かりません。答えになっていませんが、何とも言えないのです。でも着け心地の手がかりになりそうなのが、指輪の「厚み」です。指輪の厚みに注目して選べば、良い指輪が見つかるかもしれません。
続きを読む →

値段の安いプラチナの結婚指輪を手にするには?

地球から消えゆくプラチナ

地球上にあるプラチナの数は、他の鉱物と比べるとかなり少ないと言われています。プラチナが人類の手に渡ってから現在まで。6000年の間に発掘されたプラチナは、プール3杯分しかありません。専門家の間では、近々枯渇するとまで言われています。
非常に量が少ないプラチナだからこそ、値段はどうしても高くなります。結婚指輪になると、安いものでもペアで20万円は覚悟しておいた方が良いでしょう。金銭に余裕が無かったら、プラチナは諦めるに限ります。
続きを読む →

もしプラチナの結婚指輪に傷がついたら?

結婚指輪に傷がついてしまった!?

プラチナは余程のことがないかぎり、アーム部分に傷がつくことはありません。しかし数年単位と使い続ければ、どうしても傷はついてしまいます。結婚指輪だけでなく他の指輪であっても、表面に傷がつかないようにするのは不可能です。
では大切な結婚指輪に傷がついてしまったら、どう対応すれば良いのでしょうか。ご紹介します。
続きを読む →

結婚指輪定番の素材!プラチナ

プラチナとは?

プラチナ。英語では「platinum」であり、日本語では「白金」と記します。「金」という文字が入っているものの、ゴールドとは全くの別物です。ただプラチナの特徴である白い輝きは、見る者の心を掴んで離しません。
さらに、変質しにくいという性質も持っています。他の金属の場合、何もやらなかったらボロボロに崩れるでしょう。でもプラチナであれば、ボロボロに崩れることはありません。高い耐久性から、結婚指輪の材料として使われます。ではプラチナには、どういった種類があるのでしょうか。掘り下げてみました。
続きを読む →